建設コンサルタント 株式会社 建設管理
発生土運用システム
土木事業で発生する残土を効率的に活用・再利用するため、各種調査・仮置場の状況把握、各種土質・品質試験に伴う資料整理等デ-タ処理を効率的に支援し、精度の高い土量管理および、ストックヤードの有効活用を図ります。
管理データの一元管理
 ○データベースを利用しておりますので管理データの一元管理が行なえ、土の発
  生から再利用されるまでの一連の流れを一括で管理できます。
 ○豊富な管理帳票で管理業務を支援します。
必要な情報を瞬時に取り出す
 ○必要な情報を瞬時に取り出すことが可能です。
 ○日々の入力で、発生土使用履歴,仮置量,土質分類内訳表,の搬出入内訳表
   など、をリアルタイムで確認できます。
 ○情報開示請求に瞬時に対応できます。
現在の状況を視覚的に判断
 ○データの状況に応じて色分け表示し、視覚的に判断が可能。
仮置場一覧画面

 
現在の仮置場状況一覧画面です。各列項目での並べ替えや、抽出が行なえますので仮置場の検索が容易です。
また、現在の仮置場の状況毎に色別で表示を行いますので、視覚的に現在の状況が判断できます。
仮置場諸元登録画面

 
仮置場の計画情報を登録します。
ダンプ台数入力画面

 

ダンプ搬入(出)の週間予定と実績を、ダンプ種類別に入力します。
概算で現在の搬入(出)累計土量を表示します。

土質試験データ入力画面

 

土質試験データ、土質の分類を入力します。
土質の区分は入力データにより自動判別を行ないます。

出力帳票(例)

【発生土使用履歴管理表】
 発生土の採取場所・採取時期及び使用場所・使用時期が確認できます。土の発生から再利用までを管理します。
【搬入出実績工程表】
 工事毎の土量・土質・施工時期が確認できます。設計数量との比較、計画工程と実施工程の比較が行なえます。
【仮置場土量内訳管理表】
 月毎の土量配分をヤード毎で管理します。仮置可能土量と仮置量の関係を把握し、搬出入の平衡を保つのに便利です。
【土質分類管理表】
 土質毎に土量を管理します。顧客が要望する土質の土量に素早く対応できます。
【搬入(出)内訳表】
 月別に搬出入される土量を工事別で管理します。工程管理に役立ちます。
【搬入(出)推定土量管理表】
  上記内訳書を細分で管理し、施工が完了すると実績土量が表示されダンプ1台当たりの平均積載土量が確認できます。

カスタマイズ(例)
 ○ 盛土施工のデータ(施工機械・締固め回数・密度・天候・降水量等)や維持管理のデ
  ータも管理すれば、災害時の原因や、復旧時の対策に活用することも可能です。
■サーバ
OS Microsoft Windows 2000 Server(Service Pack2 以降)
コンピュータ本体 Pentium Ⅳ 1.5GHz以上
メモリ 1GB以上
ハードディスク 年間データ容量約6GBを使用(※1)
データベースサーバ Microsoft SQL Server7.0以上
■クライアント
OS Microsoft Windows 2000 professional(Service Pack2以降)
Microsoft Windows XP Home Edition
Microsoft Windows XP Profesional
メモリ 512MB以上
ハードディスク 100MB以上の空き容量が必要
その他必要なソフトウェア Microsoft Office 2000以上
■特記
※MicroSoft Officeが別途必要となります。別途データベースシステムが必要となります。
※カスタマイズが必要な場合は、別途お見積致します。
※Microsoft Windows 2000/XP、Microsoft Office は米国マイクロソフト社の米国及びそ
  の他の国における登録商標です。
※PentiumはIntel Corporationの登録商標です。
※カタログの内容は2005年6月時点のもので、予告なく変更する場合があります。
  あらかじめご了承下さい。