建設コンサルタント 株式会社 建設管理
構造物点検管理システム
多種多様なデータの一元管理に
 ○点検報告書に付随する写真や、CAD図面を一括でデータベースに登録出来ま
   すので、関連データの一元管理が行えます。
 ○電子納品用のPDFファイルを「しおり」付きで自動作成します。
必要な情報を瞬時に取り出す
 ○多様な検索条件により、必要なデータを瞬時に取り出すことが可能です。
ユーザー様のご要望を取り入れた簡単操作
 ○マスタ機能、複写登録機能や写真レイアウト機能などユーザー様のご要望を取
   り入れ た簡単操作。
報告書登録画面

 

構造物の諸元データ、点検内容を登録します。
前年度のデータを利用した複写入力機能により簡単に登録が行なえます。

写真添付画面

 
付随する写真データや添付資料、CAD図面の登録が行なえますので、データの一元管理が可能となります。
検索条件設定

 
必要な検索項目を指定して報告書データの詳細な検索が行なえます。
総括表画面

 
点検報告データを登録することにより、自動で総括表を作成します。
ページ番号も自動で割り付けます。
経年変化比較

 
画面上で経年変化の比較が行なえます
PDFデータ作成

 
電子納品用のPDFデータを「しおり」付きで作成します。
■サーバ
OS Microsoft Windows 2000 Server(Service Pack2 以降)
コンピュータ本体 Pentium Ⅲ 600MHz以上
メモリ 512MB以上
(データベースを同一マシン内にインストールする場合は1GB以上を推奨)
ハードディスク 年間データ容量約6GBを使用(※1)
データベースサーバ Microsoft SQL Server7.0以上
■クライアント
OS Microsoft Windows 2000 professional(Service Pack2以降)
Microsoft Windows XP Home Edition
Microsoft Windows XP Profesional
メモリ 256MB以上
ハードディスク 100MB以上の空き容量が必要
その他必要なソフトウェア 各ビューワソフトウェア、PDF作成ドライバ、画像処理ソフト
Microsoft Office 2000以上
■特記
※各種ビューワソフトウェア、PDF作成ドライバ、画像処理ソフト、MicroSoft Officeが別途
  必要となります。
※別途データベースシステムが必要となります。
※カスタマイズが必要な場合は、別途お見積致します。
※Microsoft Windows 2000/XP、Microsoft Office は米国マイクロソフト社の米国及びそ
  の他の国における登録商標です。
※PentiumはIntel Corporationの登録商標です。
※カタログの内容は2005年6月時点のもので、予告なく変更する場合があります。
  あらかじめご了承下さい。